指標トレードで簡単に勝つことができました - 2019年3月22日

22日の金曜日はヨーロッパ時間にユーロドルが急落。

株価も大きく下げ勝つことができました。

それまでずっと監視しているだけでしたが、一気にチャンスがやってきました。

 

f:id:realc:20190323061421j:plain

20190322 XM結果画面

 

3月22日のの収支は+38,067円でした。

これで3月の収支は+100,553円になりました。

 

 

ユーロドルの下げは17時15分のフランスのPMIという指標がきっかけでした。

 

あまり注目されてない星2つの指標で、業者によっては経済指標の表に出てないほどのレベル。

しかし市場の反応は大きかったです。

 

一気にユーロドルが30pipsほど下げました。

 

私は17時20分NYダウをショートで2枚エントリー。

通貨の下げに対して、株価の下げが鈍かったので入ることができました。

 

引き続き17時30分のドイツのPMI(こちらも星2つ)でユーロドルは約90pips下げました。

 

NYダウも一気に下げたので17時33分に利確。

 

やっぱり指標はちゃんと見てないといけないと思いました。

 

見てはなかったですが、フランス、ドイツの株も一気に下がったと思います。

私はユーロドル、ポンドドル、ドル円、NYダウの反応を見ていましたが、最初のショートは簡単に取ることができました。

 

テクニカル関係なしの指標トレードです。

FXと株価のタイムラグもあったので簡単に取ることができました。

 

実はFXのほうで、ユーロドル、ユーロ円、ユーロポンドなどでショート入れたかったんですが底ショートが怖くて入れなかったんですよね。

 

NYダウなら入れました。

 

続く反発狙いのNYダウのすけべロングは、怖いので枚数は1枚に減らしてエントリー。

ただ上手くは行かなかったですね。

 

その後、ドルカナダの取引もしたんですがこれは枚数を間違えてしまいました。

 

1枚のはずが、10枚でエントリー。

XMの場合、1LOTが10枚なので間違えてしまいました。

 

余計なやられをしてしまった。。。

 

昨日の記事でも書きましたが、NYダウはオープン直後はやはり上げでしたね。

70ドルほど上げました。

 

私もオープン一分前にロング(25810ドル)して待っていたのですが、上げる直前に(25799ドル)損切りがついてしまいました。

 

ポジションの保有時間はなんと50秒。

ストップロス近すぎ~。

 

実はこれもミスで、25779ドルに損切りを入れるつもりだったんです。

 

25779と25799を打ち間違えてしまった。。。

 

MT4の仕様で、カーソルを当てて下2桁だけを変えることが難しいんですよね。

(使っている方はわかると思います。)

 

最後のNYダウのショートは美味しかったです。

まずはオープン後に上昇し、停滞してきたので2枚ショートでエントリー

 

140ドル下げたところで追撃ショート。

 

ただ、枚数が増えすぎてビビってしまいすぐに利確。

 

その後ほとんど上げもなく200ドル下げたので少し後悔です。

 

イメージしていた5分足25MAタッチまで耐えていればもう100ドルは取れていたのに。

エントリーは自分でやるので、決済のみしてくれるEAが欲しいです。

 

 

そのほかでは、トルコ円がやばいことになっています。

f:id:realc:20190323074352j:plain

20190322トルコ円チャート

私はトルコ円のポジションは持っていませんが、スワップ狙いのロングを持ってる方は結構やられたかもしれないですね。

 

私は高金利通貨は下がりやすいと感じています。

なぜならば高金利にすることで価格を維持しているからです。

 

その考えが正しいかどうかしらんけど。

 

ボラティリティが高くリスクもありますが、NYダウCFDは夢がありますね。

来週はさらに利益を伸ばせるよう頑張りたいです。

 


ランキングに参加しています☆応援よろしくお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ 
1日1回クリックしていただければ嬉しいです


私が使っている取引業者はXMです